逆に。


この三面鏡も実家の取り壊しと共に壊されるため、引っ越しが終わった部屋にぽつんと取り残されていた。
小さい頃はよく両側の鏡の間に顔を突っ込んで、無限に奥まで続く自分の顔を見て遊んでいた。
まだ子どもが産まれる前、母親の化粧鏡だったこの三面鏡も、子どもが増え代々の兄弟妹の部屋の置物として鎮座していたが、
その役目もいよいよ終了となった。


Leave a Reply

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!: